アイザール

提供: 5ちゃんねるウィキペディアスレまとめwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイザール
アイアイ おさるさんだよ♪
アイアイ おさるさんだよ♪
副アカウント Firegirl会話 / 投稿記録
(2005年7月12日 - 2005年8月6日)
愛称・別称 アイ様、愛猿
Twitter @Love_zarl
活動期間 2007年5月19日 - 2018年12月11日
権限歴
管理者
2008年2月13日 - 2019年3月12日)
オーバーサイト
2011年8月30日 - 2019年2月15日 )

アイザールは、Wikipedia日本語版の管理者・オーバーサイト。スレでは「アイ様」「愛猿」などと呼ばれている。2007年5月から現在の利用者名で活動開始。2018年12月失踪。

来歴・人物[編集]

2005年7月に文人「三宅惺」[1]の記述をめぐり、ノート:三宅惺/削除にてFiregirlの利用者名でいきなり議論デビュー。その後、当該アカウントは放棄されるが、2011年8月のオーバーサイト立候補直前になって、202.215.39.122[2]使用とともにFiregirlの存在利用者:アイザール/Wikipediaとの出会いにて公表した。

職業については本人の利用者ページによると、2009年4月の版まで「基本的に寄稿記事はお仕事用メモのスピンアウトなんで、[3]」とのことで、2011年10月の版までは「人文科学系の出版やってます。[4]」と自称していた。

大きなトラブルは起こしていない模様で、着実に仕事と執筆をこなす。本人は性別を明言していないようだが、女性として扱われる向きがあり(語尾に「♪」を付けるからか?)、一時期は「垂れ目の保母さん」と言うわけのわからない妄想を抱かれていた。また、スレにも時折顔を出す事が有った模様。僕っ娘である可能性も指摘されている

かつて利用者ページに、«Wikipediaで「貴方」の欲望を満たそうとしないで…。[4]»なるメッセージを付していた。全くごもっともである[5]。執筆者としては翻訳がメインであるようで、管理者業のみならず執筆活動においても優秀な人材である。かつては光舟と仲が良く、共同執筆も行っていた。当時のゴールデンタッグと言っても良いだろう。

なおスレにおいて、「ウィキペディアタウン」(事実上はオフ会のようなもの)に姿を見せ、その容姿はファッションモデルの「二階堂ふみ」に似ているというTweetがあったと報告されたが[6]、このTweetは現在までの所特定されておらず、仮に特定されても事実であるとも限らず、あくまで風説の域を出ないものである。

珍対処[編集]

削除したのに{{Vfd top kept}}を使用または{{Vfd top}}で存続と入力してる。削除記録を見ても削除してる[7]。目をこすってよく見たけどやっぱ削除してる。

注釈・出典[編集]