伊佐坂安物

提供: 5ちゃんねるウィキペディアスレまとめwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊佐坂安物いささかやすもの
東殿山城の遠景(本人による作品)
東殿山城の遠景(本人による作品)
副アカウント Reichskreis会話 / 投稿記録[1]
(2009年8月21日 - 2013年8月18日)
愛称・別称 伊佐坂[2]
在住 日本 日本愛知県[1]
Twitter @Isasaka_jawp
活動期間 2009年8月21日(Reichskreisとして) - 活動中
受賞歴
権限歴
削除者
2017年6月4日 - )

伊佐坂安物(いささかやすもの)はWikipedia日本語版の利用者。愛知県在住。2017年5月、W.CCの推薦により削除者に立候補。賛成28票の全会一致で就任した。2018年2月にはぱたごんが管理者立候補を打診したが、余裕がないとの理由で丁重に断っている[3]

来歴・人物[編集]

2009年8月にReichskreisとして活動を始め、2013年8月まで活動頻度は少ないほうであったが、戦国時代の山城などの執筆をこなしていた。その後、パスワードを忘れてしまったそうで、2016年1月に現在の利用者名でアカウントを取り直すと、ややペースを上げて活動を再開した[4]

削除依頼に出されたケースE案件の記事に加筆して回っている。削除厨キラーのオランウータンほどではないにせよ、まずまずの調査力があり、ToshiJapon謹製の「シンフォニータワー」の記事の編集ではHmanを感心させた。

とはいえ、同じケースEでも独自研究がひどかったり、独立記事作成の目安の基準を満たさないなど、編集対応が絶望的な記事の削除にも積極的であり、当然のことながら調査を怠らず、客観的な判断力をたびたび見せている。ただ、それでも存続厨と見なされているようで、スレでは削除者に信任された暁には削除依頼のハードルが上がるのではないかという懸念も指摘された[5]

なお、調査が得意と言っても長文が大好きな㭍月例祭などとは違い、調査結果を簡潔にまとめて用を済ます方であり、サラッとクールな通気性の良い人でもある。

日本語文献によって加筆した立憲民主党 (ロシア)は2017年11月期の月間強化記事賞を受賞し、12月にはそのまま良質な記事に選ばれた(自身初)。国外の題材については翻訳を用いて作成加筆することもでき、その総合力の高さは評価されている。

削除依頼からの救出記事[編集]

執筆記事[編集]

各種受賞記事を紹介する(秀逸な記事は良質な記事、月間新記事賞は月間新記事賞、★は月間強化記事賞)。

注釈・出典[編集]