Chatama

提供: 5ちゃんねるウィキペディアスレまとめwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
Chatamaちゃたま
ピースサインをしてカラオケに興じるちゃたまおじさん(2011)
ピースサインをしてカラオケに興じるちゃたまおじさん(2011)
旧利用者名 ちゃたま[1]
副アカウント ちゃたま会話 / 投稿記録
Chatamabot会話 / 投稿記録
ECO-POWER会話 / 投稿記録
ファントム無頼会話 / 投稿記録
寺崎嘉孝会話 / 投稿記録
ちゃたまん会話 / 投稿記録
ブラウンボール会話 / 投稿記録
愛称・別称 茶玉、ブラウンボール、イミテーションゴールド
性別 男性
出身 日本 日本北海道標津町[2]
在住 日本 日本千葉県千葉市若葉区(千葉刑務所近く)[3]
トリップ ◆mP34iU.Nu6[4](廃止)
◆2Gs.0iaewc[5](廃止)
◆5ChatAmAI2[6](廃止)
◆Rq7hgTOL1M[7](廃止)
◆sbPwaD4Cjyxu[8](廃止)
Twitter @Chatama_JAWP
活動期間 2005年1月 - 2016年2月21日
主な活動分野 鉄道・バス
権限歴
管理者
2006年8月27日 - 2011年5月22日
2011年6月17日 - 2014年7月2日
チェックユーザー
2006年12月7日 - 2011年5月22日
2011年8月17日 - 2014年7月2日
ビューロクラット
2007年4月18日 - 2011年5月22日
編集フィルター編集者
2010年9月26日 - )
ブロック歴

Chatama(ちゃたま)は、ウィキペディア日本語版の元管理者、元チェックユーザー、元ビューロクラット、編集フィルター編集者。旧利用者名「ちゃたま」。ウィキメディア・コモンズの管理者でもあった。ブラウンボール、茶玉、片玉、イミテーションゴールド[9]などとも呼ばれていた。

来歴・人物[編集]

2005年1月に初編集の古参利用者。翌2006年8月には早くも管理者となり、同年末にCU、2007年にはBCも兼ねるようになり、股間には熟女シーカー付きのサイドワインダーを備える。「ちゃたま」の由来はちゃたまのくせに意外と金玉ではなく、かつての飼い猫の名前からである。

北海道標津町出身。弟子屈町(てしかがちょう)[10]に居住していた、1968年生の元航空自衛官で、2006〜2014年までjawpの管理者。BCとCUも兼任[11]。鉄ヲタ。「気動車庫→ ┬┴┬┴┤ョ・ω・) 」と言いながら2chのjawpスレにコテハン(「ブラウンボール」)で出没しというか半ば常駐し、地鎮祭を積極的に催す一方、「中年部屋」というウィキペディアン向けIRCチャネルを主宰[12]。中年部屋にはHmanなど(恐らくは角煮・欅も?)当時の現役管理者も何人か参加していて、Chatamaはその派閥の領袖として2012年頃までRfAなどのjawp運営で隠然とした影響力を発揮した。オフ会などもそれなりに行われていたようだ。少なくともCarkuni・欅カップルとは非常に仲が良かった事は公言している。お茶目な巨乳好きの変態中年というキャラだが(しかし顔は怖いと言うか凶器)、「Wikipedia管理者」としてNHKに顔出し出演したこともあり。

管理者辞任と再信任[編集]

2011年5月 - 6月にかけて、海獺によるCarkuni・欅同棲摘発事件[13]、すなわちCUの二人が同居していたことが判明した事件が発覚。コミュニティからは、もちろん(個人情報である中出し同棲を開示するはめになってしまった点なども含めて)同情的な意見や、一人がCUを辞任すれば十分などの意見もあがったが、両者の管理者自体の辞任を求める声や、ブロックの声すらあがった。その場においてChatamaは要約欄で「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」とすると(直後にYassieツッコまれているが)

おそらく解任投票の流れになると思いますが、その結果次第ではChatamaも辞任しようと考えています。欅さんに実際に逢って管理者立候補をお願いした事、育っていく過程をずっと見ていた事、2人の問題を無問題だと放置していたことの責任もありますし。その時は、JAWPでのCU権限だけではなくすべての管理者権限を返上します。--Chatama (talk) (Commons) 2011年5月22日 (日) 03:31 (UTC)[14]

と語るや否や同日中に管理者、CU、BCと全ての権限を返上。結果次第と言っておきながら突っ走っているが、なかなか人情溢れる顔面凶器である。しかしながら、管理者・CUの独立・相互監視と言った観点からは少々疑問が残る感も否めない。なお、渦中の人となった当の2人は、Chatamaの辞任から2日後の5月24日にCarkuni共に管理者・CU(CarkuniについてはBCも含む)を退いた。また、Chatamaと時を同じくして、共に鉄道関連の記事を主戦場として活動していたCassiopeia sweet管理者およびCUを辞任[15]。この数日で、jawpは4人の管理者・CUを失うこととなった。おそらくmetaの方では「jawpでは何が起こっているんだ?」などと思われていたかもしれない。

その後Chatamaは冷静になったのか、誰かの助言があったのか、実際の心情は想像するよりないが、6月には「人手不足のようだ」との理由で管理者に(51:12、信任率81%)、8月には同様の理由でCUに(35:5、信任率88%)再立候補し、再信任されている。悪く言えば身勝手な理由で管理者・CUを辞任した人間がわずか数ヵ月後に再立候補し信任されるのであるから、人手不足と言う事情はあったにせよ、Chatamaは当時コミュニティに相応に信頼されていたベテラン管理者・CUと評価できるだろう。だがその後は、海獺やVigorous actionらの壮絶な権力闘争などもあってか、徐々に活動は下火になっていく。なお現役CU時代には一時期、一過性脳虚血発作の症状が出て記憶の一部が飛ぶこともあったという。

引っ越しと引退[編集]

2011年、娘が結婚[16]。2013年に娘とその婿の住む千葉県へ引っ越した後はjawp・2chとも活動が減り、2014年以降はほぼ無活動となり、管理者をいわゆる3ヵ月放置で自動退任。平和な生活を送っている模様[17]。元妻と一人娘と娘婿もウィキペディアン。娘も顔出しOKで、当時は「musume」としてスレにも出現。なお娘は2011年6月にChatamaを後見人として管理者に立候補するが落選した。…元妻? そう、バツイチである。離婚の原因はjawpにかまけて愛想をつかされたからではなく、「妻が牝に変わってしまった」からだと供述。そ、そうですか……。スレで曰くところ、2012年頃の時点では再婚にはあまり乗り気ではないらしい。なお過去に患った病気により睾丸が1つしかないそうである。顔出しに関してはChatama一門は皆問題ないらしく、そのご尊顔を利用者ページに貼り付けたりしていたが、これが適切な利用であるかは口を挟んだら自分の身が危ないので、誰も文句は言わなかった。スレでは娘さんの容姿についての論評なども見られたがこれ以上は極秘事項である。

管理者退任後は数ヶ月(最長1年)に亘って動きが止まったりしている。

注釈・出典[編集]

  1. 利用者名変更記録 - 利用者:ちゃたま
  2. 利用者:Chatamaoldid=4925285
  3. 「利用者:Chatama」の版間の差分diff=47813117
  4. 「利用者:Chatama」の版間の差分diff=8215603
  5. 「利用者:Chatama」の版間の差分diff=11170442
  6. 「利用者:Chatama」の版間の差分diff=11379451
  7. 「利用者:Chatama」の版間の差分diff=49105884
  8. 「利用者:Chatama」の版間の差分diff=49105956
  9. 中学校時代の病気により睾丸を片玉摘出したことから。「イミテーションゴールド」は山口百恵のヒット曲イミテイション・ゴールドから来ている物だが、「偽睾丸」→「イミテーションの金玉」→「イミテーションゴールド」となった。
  10. スレでは読めない、で・・・でしくつ?変換できないなどとツッコむのが当時は様式美の様相をry
  11. 後述するように管理者経験が2度ある。BCは一度目のみ。
  12. #Wikipedia-ja-middle-age。jawp公式総合チャンネル #Wikipedia-ja に永久追放者のAなんとかが居座っていたからだろうか?
  13. Wikipedia:コメント依頼/Carkuni 欅Wikipedia:コメント依頼/婚姻・それに準じる場合のCU権限についてなどを参照。この事件は、現役の管理者・CUの同棲、しかもそれが開示されていなかったという異例の自体から、各方面で大きな波紋を呼んだ。
  14. 「Wikipedia:コメント依頼/Carkuni 欅」の版間の差分diff=37682412
  15. 彼については、事情は本人に聞いてみよう。オフレコの事は書けない。
  16. 娘の利用者ページは、2011年7月時点では単に同居9月時点で婚姻して同居となっている。ちなみに娘は1995年生夫は1970年生と、25歳の年の差カップルである・・・というか、娘さん、結婚時16歳くらいなわけで。お孫さんはできたのだろうか。
  17. あまり数は多くは無いが、Twitterによれば特に事件が有る訳でも無く、平和に「鉄」人生を満喫しているようだ[1]。ただし、2017年3月時点では「仕事」が忙しいそうである[2]