Hatukanezumi

提供: 5ちゃんねるウィキペディアスレまとめwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hatukanezumiはつかねずみ
副アカウント พริกขี้หนู
性別
活動期間 2006年12月27日 - 2010年12月19日
主な活動分野 文字
ブロック歴

Hatukanezumi(はつかねずみ)は2006年12月27日から2010年12月19日まで活動した利用者である。議論は下手だが議論屋で勝ち馬に乗るのが大好きな利用者の一人。無期限ブロックを受けた事があるが 2週間で復帰できている。その後、12月に 1年のブロックを受けて引退を余儀なくされた。古き悪しき時代のjawpを象徴する一人である。

概要[編集]

2006年末より参加。有名な利用者の真似と思われる言動を取るなど態度がでかいが、実力が無いためやり返される事が多かった。中でもYassieとは犬猿の仲であり、偉そうに上から目線で接しては逆に執筆力の無さを馬鹿にされるのがお決まりのパターンだった。

2009年1月にはLTA:FXSTの件でNekosuki600に長々と説教を行い、「あなたがそれをやるまで、わたしはjaWPでの活動を停止する。 」と宣言した[1]が、喜ばれてスルーされてしまう。しばらくして活動を再開するが、2010年3月になって利用者‐会話:Nekosuki600#あのーで Nekosuki600 に「あなたにつきまとわれて迷惑しています。」と言い、かつての「それをやる」について「返事をしたこと自体が望み通りのことです。」と愚にも付かないような言い訳をして自分の活動再開の根拠を述べている。一連のメンヘラの痴話喧嘩のような会話を読むと Hatukanezumi の面倒臭さが理解できるだろう。

2010年9月12日に無期限ブロックを受けているが 2週間程度で解除された。しかし再びWikipedia:投稿ブロック依頼/Hatukanezumi 20101128が出され、そこで「わたしは、当ブロック依頼の審議が1箇月以上にわたるか、または審議の結論が投稿ブロックとなりかつブロック期間が1箇月以上となった場合、日本語版ウィキペディアをはじめとするすべてのウィキメディア・プロジェクトへの参加をやめます。」と宣言してしまった。引き留めて欲しかったのかもしれないが、Sureturnに煽り倒され、発狂して1年間のブロックを受けたため、そのまま引退した。

ちなみに数々の不適切な管理行為やYassieとの対立などから、記事が書けない自警であったと思われがちだが、実は米国愛国者法など何本かの良記事の翻訳に関わっている。実際に米国愛国者法の履歴をみてHatukanezumiの貢献の大きさを確認してみてほしい。例えば第2版[2]はどこらへんを翻訳したのかわからないくらい英語だらけである。エアー翻訳だろうか?Hatukanezumiとは…そういう奴。編集態度だけみても、Yassieから嫌がられる要素満載である。

勝ち馬乗りとして[編集]

2008年1月にはYassieの宿敵だったNiKe解任投票に反対しそのノートで解任の妨害を図ろうとした。しかし解任が確定して 16分後、meta に権限除去を依頼した[3]

おまえ解任反対だったろ?的な流れでコメント依頼が出されてノートで謝罪したが…

今後当面のあいだ、わたしは運営関係の議論については発言に加わらないようにしようとおもいます。
具体的にどのような方法で加わらないようにするかについては、今後自分で決めます。

House mouse.jpg

あまりにも傲慢な宣言で、謝罪と認識してもらえなかった。

何故か今後の具体的な行動については自分で決めるとしてボカして逃げようとした所を突っ込まれ、さらにブロック依頼へと流れて 2ヶ月のブロックとなった。


Aphaiaスチュワード立候補事件ではYassieの提出したWikipedia:投稿ブロック依頼/Aphaia 09022007に即時審議終了を唱えるなど[4]、徹底的に審議を妨害しようとしたが 2007年9月9日 に Aphaia のブロックが決まると一転して、利用者‐会話:Aphaiaで Aphaia に対して説教を始めた[5]

Aphaiaさん
率直に言いますが、今でも「自分にも言い分がある」と思っているのなら、
jawpに復帰するのはやめたほうがいいとおもいます。
また同じことを繰り返すだけだから。
以下、わたしが問題だと考えていた他の点について書きます。

House mouse.jpg

この振り替わりの速さに誰もが唖然とした。

以前からの知人であるNekosuki600によれば[6]

以前のあいつは、負けになりそうだったらケツをまくって逃げてた。
今は、そこで引いて逃げる(というか、負けを認める)という選択肢を選ばない。
そこで勝ち馬に乗ろうとする。

Cat silhouette.svg

とのことである。

関連項目[編集]